お金を借りる方法を一から十まで解説します

おすすめのカードローンを比較!選び方も解説

えーと現在、お金を借りる方法としてもっとも一般的なのがカードローンです。あらゆる広告媒体で消費者金融や銀行カードローンの広告を目にしますよね。

カードローンは「無担保」「保証人なし」でお金を借りられます。これは利用者の「信用力」に応じてお金を貸してくれるからで、利用者からすれば手軽に資金調達ができ、生活費の補填など様々な用途に使える大変便利なサービスです。

しかし手軽に利用できることによるデメリットも存在します。カードローンで多重債務を抱え、自己破産など債務整理する人が少なくありません。

そこで当サイトではカードローン利用によって人生をダメにする人が出ないように、カードローンの計画的利用に役立つ知識や正しいカードローンの選び方・使い方、お金を借りる上で知っておきたい情報について解説しています。

FP(ファイナンシャル・プランナー)など「お金のプロ」による、専門家の視点からのアドバイスも掲載していきますので、読者の皆様の資金計画にお役立てください。

おすすめのカードローン

各カードローンの特徴やメリットを一覧にまとめました。

カードローン名 特徴やメリット おすすめ度
プロミス
  • WEB完結申込なら申込~借入まで全部ネットで完結でき、家族などにバレにくい
  • プロミスの30日間無利息サービスは「借入から30日間無利息」で利用しやすい
  • 瞬フリで24時間最短10秒で振込融資を受けられる
アイフル
  • 最短30分で審査完了、最短1時間で即日融資可能
  • アイフルをはじめて利用する人だけ「契約日翌日から30日間利息0円」
アコム
  • アコムをはじめて利用する人だけ「契約日翌日から30日間利息0円」
  • 最短30分で審査完了、もちろん即日振込も可能
SMBCモビット
  • WEB完結申込なら申込~借入まですべての手続きがWEB完結
  • 無利息サービスが無く、返済時に手数料がかかる場合があることに注意
レイクALSA
  • 初回契約者は2つの無利息サービスのどちらかを利用可能(無利息機関は契約日翌日から開始)
  • 全国の提携ATMから手数料無料で借入・返済が可能

このように大手消費者金融を見比べてみると、初回無利息期間サービスの有無やATM利用料の有無など、各社でサービスの特徴が異なることが分かります。

借入から30日以内に返済するつもりなら「借入から30日間無利息」のプロミス、長期にわたって少しずつ返済し続けたいなら「提携ATM手数料が無料になる」レイクALSAが向いています。

ここからは各社のより詳しいサービス詳細を紹介していきます。

プロミス

消費者金融の老舗で、SMBCグループです。申し込みから審査回答まで最短30分、プロミスは原則24時間最短10秒で振込可能だから「後ちょっと」のお金を最短10秒で手にすることができます。在籍確認の電話は、担当者の個人名でかけてくれますから安心ですね。

プロミス

プロミス

プロミスの特徴

WEB完結で家族にバレずに即日融資可能

初回利用者は借入から30日間無利息

24時間最短10秒で振込融資できる

即日融資 WEB完結 初回無利息
可能
あり
30日間(借入翌日から)
提携ATM手数料 貸付限度額 実質年率
1万円以下の取引1回あたり110円
1万円超の取引1回あたり220円
500万円
4.5%~17.8%

アイフル

女性専用ダイヤル完備で主婦層でも安心して借入することができます。スマホサイトにいる、チャット形式で質問に答えてくれるAIのルフィアがかわいくて使いやすい!もちろん初回最大30日間利息0円。在籍確認は担当者の個人名でかけてくれます。

アイフル

アイフル

アイフルの特徴

最短1時間で即日融資可能

初回契約日翌日から30日間無利息

新規契約率が高い(審査が通りやすい)

即日融資 WEB完結 初回無利息
可能
あり
30日間(契約日翌日から)
提携ATM手数料 貸付限度額 実質年率
1万円以下の取引1回あたり110円
1万円超の取引1回あたり220円
800万円
3.0%~18.0%

アコム

初めての方でも安心してキャッシングできる老舗消費者金融です。三菱UFJフィナンシャルグループの企業だから、主婦でも安心して申込可能です。楽天銀行の口座があれば、振込による借入が24時間最短1分で完了します。

アコム

アコム

アコムの特徴

全国1,000ヶ所のアコムATMで手数料無料

初回契約日翌日から30日間無利息

24時間WEB申込可能

即日融資 WEB完結 初回無利息
可能
あり
30日間(契約日翌日から)
提携ATM手数料 貸付限度額 実質年率
1万円以下の取引1回あたり110円
1万円超の取引1回あたり220円
800万円
3.0%~18.0%

詳細はこちら

レイクALSA

新生フィナンシャルの運営するカードローンがレイクALSAです。初回利用者向け無利息サービスは180日間(5万円まで)と30日間の2通りから選べるのと、提携ATMを手数料無料で利用できるという他社にないメリットがあります。

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAの特徴

初回無利息サービスは2種類から選べる

提携ATMが手数料無料で利用可能

アプリでカードレスキャッシングが可能

即日融資 WEB完結 初回無利息
可能
あり
30日間(契約日翌日から)
180日間(5万円まで)
提携ATM手数料 貸付限度額 実質年率
無料
500万円
4.5%~18.0%

詳細はこちら

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットは来店不要・即日融資可能で楽ちん借入できます。条件を満たせば、電話連絡や郵送物も一切なしのweb完結申込が利用できます。銀行系カードローンの最大手ブランドです。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

WEB完結ならカードレスで利用できる

10秒簡易審査が正確で優秀

審査が最短30分で即日融資可能

即日融資 WEB完結 初回無利息
可能
あり
なし
提携ATM手数料 貸付限度額 実質年率
1万円以下の取引1回あたり110円
1万円超の取引1回あたり220円
800万円
3.0%~18.0%

詳細はこちら

カードローンの比較方法と選び方

カードローンには大手消費者金融や銀行カードローン以外にも様々な商品があります。地方銀行や銀行以外の金融機関の金融商品まで含めれば、それこそ数えきれないほどです。

カードローンの利用に不慣れな人には、その中からどの商品を選べばよいのかが分かりにくいですよね。そこでここでは、カードローンを比較する際のチェックポイントについてご紹介します。

比較時のチェックポイント

  • 金利
  • 融資までのスピード
  • 審査
  • 返済方法

上記4項目からあなたが重視したい項目を決め、その条件をすべて満たすカードローンの中から比較して選ぶ方法がおすすめです。例えば「どうしても即日でお金を借りたい」なら、『融資までのスピード』を重視すべきです。

カードローンは金利の安さ、融資スピードの速さ、審査が通りやすさ、返済方法の自由度を総合的に考慮して選びましょう。

金利は上限金利で比較する

金利でカードローンを比較する際は、下限ではなく上限金利に注目してみましょう。例えば次の2つの金利のカードローンがあったとします。

  1. 実質年率 4.5~17.8%
  2. 実質年率 3.0~18.0%

②の方が下限金利は低いですが、上限金利は①の方が低くなっています。この場合、どちらがよりお得に利用できるかといえば、多くの場合、①のカードローンになります。

カードローンの貸出金利は審査時に決定されますが、その際に借入希望額、過去の利用実績や返済履歴、さらに信用情報なども考慮して金利が決定されます。

そして始めはほとんどの利用者に上限金利を適用するため、上の例では①の方が0.2%安い金利でキャッシングができるのです。

融資スピードは即日融資可能かをチェック

「お金が足りない、お金を借りたい」シーンは人によって異なっていても、ほとんどのケースで「いつまでにいくら必要か」は決まっているはず。

そこで注目してほしいのが「融資までのスピード」です。

消費者金融は即日融資に対応している

基本的に消費者金融は即日融資に対応しています。審査最短30分、融資まで1時間というスピードでお金を手元に用意できるのが、消費者金融最大のメリットといえるでしょう。

どれだけ金利が安かろうが、必要なタイミングでお金を手元に用意できなければ、キャッシングを利用する意味がないですからね。

銀行カードローンは即日融資できない

銀行カードローンは消費者金融にくらべて安めの金利でキャッシングできます。しかし現在、即日融資に対応している銀行カードローンはありません。

以前は即日融資に対応する銀行カードローンが多かったものの、銀行カードローンの過剰貸し付けが社会問題化した2018年以降、業界団体(全国銀行協会)の自主規制等により即日融資は実質不可能になってしまいました。

融資スピードを重視するなら金利が高めでも消費者金融を、お金の用意はそれほど急いでいない場合には金利が安めの銀行カードローンを選ぶのがカードローン選びの基本となります。

審査難易度も重要な比較ポイント

 

返済方法の種類や提携手数料もチェック

 

Copyright© お金借りる大全 , 2020 All Rights Reserved.