初心者向けに基礎からカードローンの金利を解説!

お金を借りるコラム

カードローンの金利を基礎から徹底解説! 計算方法や大手の利息を比較

カードローンを利用する際に返済の負担は小さいに越したことはありません。
お金に困って借りるのですから、できる限り安く抑えたいですよね。
そのために注目すべきポイントは金利です!

クレジットカード・銀行カードローン・消費者金融などキャッシングの借入先にはいくつかありますが、どこからお金を借りるにしても利息を比較することが大切です。

自分が必要としている金額とそれに対して利息がいくらかかるのか?

利息を把握して無理のない利用計画を立てることで、返済に苦しむ心配を軽減できます。

今回は初心者向けにカードローンの金利についてお伝えしていきます。

利息・金利・年率の違い

利息(利子)・金利(利息)・年率(年利)の違い

カードローンを利用するなら、金利がどういうものか知っておくことはとても大事です。
金利について理解しておけば、よりお得に安心してキャッシングを利用できますよ。

よく「利息」「金利」「年率(年利)」の違いが分からない、という声を聞きますので、それぞれの違いについて見ていきましょう。

利息(利子)とは?

利息(利子)とは、「お金が貸し借りされるときに対価として支払われる金銭」を指す言葉です。

お金を借りる時にかかる手数料、レンタル料とイメージしていただくといいかもしれません。
一般的には金融機関では利息、日常用語では利子をつかうことが多いようです。

金利(利率)とは?

「金利」(利率)は、借りるお金に対してかかる利息の割合のことをいいます。
金利●●%といったりしますよね。

元金(借りているお金)に対してどれくらいの割合の利息がかかるか、という意味で使われることが多いです。
「利率」というのも金利と同じ意味です。

年率(年利)とは?

お金の貸し借りでいう年率は1年間の金利のことです。
金利の計算には年率を使うことが多いです。

カードローンの年率 計算方法
年率について詳しくはこちら

「利息がどれくらいか知りたい・・・。」 そんな風に考えているあなたは、お金ときちんと向き合っていてえらい!と私は思います ...

続きを見る

実質年率って何なの?

実質年率●●%という言葉もあります。

実質年率は借入金額に諸費用も含めた実質上の金利のことを指します。
諸費用には手数料や保証料などが含まれます。

金利は法律によって制限されている

カードローン(キャッシング)にかかる金利と規制する法律について見ていきましょう。

法律というと難しそうですが、嚙み砕いて説明するので安心してくださいね。

昔、利息制限法と出資法では上限金利が違った

貸し付けたお金にかかる上限金利は、以前は次の2つの法律で規制されていました。

  1. 出資法(上限を超えると刑事罰の対象に)
  2. 利息制限法(上限を超えた金利は民事上無効)

利息制限法では借入額に応じて上限金利を年利15~20%と定めていたのに対し、貸金業法の上限金利は29.2%と大きな開きがありました。

2020年以前の利息制限法と出資法

この2つの上限金利の差を突いた形で中間のグレーゾーン金利を適用する消費者金融が多かったのです。
最大30%近い金利で貸し付けている業者もありました。

平成22年の法改正で統一されて、現在は上限金利はどの業者でも15~20%になりました

もし現在20%を超える利息で貸し付けているキャッシング業者がいた場合、違法業者=闇金なので絶対に借りてはいけません!!

下限金利は見ても意味がない

下限金利は各金融会社で独自に設定できます。
4.5%くらいに設定しているところが多いですが、SMBCモビットなどは3%~となっています。

年利が低いところを選びたくなるのは当然ですが、実は下限金利を比較してもほとんど意味がありません

金利は上限金利を見るべし!

キャッシングの金利は、借りる金額が小さいほど金利が高く、借りる金額が大きくなるほど金額が低くなるのが一般的です。

例えばアコムでは借りる金額によって段階的に変わる適用金利の一覧をホームページで公開しています。

それによると借り入れ上限が99万円までだと実質年利は7.7%~18.0%です。
金利が最低金利の3%になる可能性があるのは、借入極度額が501万円以上の方のみ。

借入額が小さく、また初めて利用する人には、下限金利は適応されることはあり得ないと考えておきましょう。

カードローンの金利を計算する場合は、上限金利がかかる前提でシミュレーションをしておくことをおすすめします。

利息は電卓で簡単に計算できる

年利の計算式

利息は電卓を使って簡単に出せます。
実際に借りるときの年利は審査を通してから決まりますが、借りたい金額に対しての利息を上限金利で計算して利息のMAXを知っておきましょう

ここではカードローンの多くで年利の上限になっている18%で計算してみます。
10万円をキャッシングして1か月後に返済した場合、利息はどうなるでしょうか?

利息の計算方法

【借りた元金×年利÷365日×借りた日数=利息】

10万円×0.18÷365日×30日間=1,479円

年利の18%は0.18で計算します。

10万円をキャッシングして1か月後に返す時の利息は1,479円でした。

この計算方法を覚えておけば、返済計画を立てるときにも便利です。

計算式について詳しくは下記のページで解説しています。

カードローンの年率 計算方法
計算式について詳しくはこちら

「利息がどれくらいか知りたい・・・。」 そんな風に考えているあなたは、お金ときちんと向き合っていてえらい!と私は思います ...

続きを見る

利息を抑える方法

利息を少しでも抑えてお金を借りたい、キャッシングしたい!という方は次の点を気を付けてください。

上限金利の低いところを選ぶ

あなたがどれくらいの金利でお金を借りられるのかは審査に通さないとわかりませんが、カードローン各社が設定している上限金利を上回ることはありません。
そのためカードローン会社を選ぶときは、基本的に上限金利で比較しましょう

上限金利の低いところであれば、必然的に金利を抑えられますよね。

ただし一般的に上限金利が低いところほど審査も厳しくなる傾向にあるので、そこは注意が必要です。

以前に「返済を3ヵ月以上滞納したことがある」ような場合、その情報は信用情報機関(JICC、CICなど)に残っている可能性があります。
すると審査が厳しいカードローンはお金を借りることができません。

審査に通る可能性が低い場合は、多少金利が高めでも審査が緩い消費者金融に申し込むなども検討してください。

借りるなら消費者金融がおすすめ

キャッシングの方法には、

  1. クレジットカード
  2. 銀行カードローン
  3. 消費者金融

の選択肢があります。

クレジットカードのキャッシング機能は基本的におまけなので、ほかの2つと比較すると金利は高めに設定されています。

銀行カードローンと消費者金融の金利をくらべると、銀行カードローンの方が安い場合が多いです。
ただし審査は厳しくなるため利用できる人は限られてしまいます。

消費者金融は審査がはやく、申込みもwebで完結したり郵便物なしにできるところが多いです。
すぐにでも現金を必要としている方には断然おすすめ。

すぐ返済するなら消費者金融の利息0円キャンペーンがおすすめ

消費者金融では30日間無利息のサービスを打ち出している会社も多いので、短期間だけお金が必要という人にとっては金利を抑えるのに一番良い方法です。

月々の返済額はできるだけ多くする

返済をできる限り短期で終わらせたほうが利息を抑えられることは言うまでもありません。

毎月の返済額の内訳は【元金+利息】です。
毎月1,000円でも多く返す、と意識して返していくことが結果として金利をおさえるポイントになります。

利息で各金融を徹底比較

消費者金融 プロミス アイフル アコム モビット

実際に以前キャッシングを利用した私が、それぞれ利息やスペックなどを比較しておすすめする金融会社4つをご紹介します!

1.プロミス

三井住友銀行グループのプロミス。
審査は最短30分、即日融資も可能で、スマホサイトでは借入シミュレーションと返済シミュレーションができます。

  • 実質年率4.5%~17.8%
  • はじめての方は30日間まるごと! 利息ゼロ(持ち越し可)
  • Web申し込みのほか、審査から借入までスマホひとつでできる方法も

プロミスのおすすめポイント

カードレス、郵便物なしで利用できるため、家族に秘密でキャッシングを利用できます。

1,000円から借入可能なので、給料日まであと一週間なのに・・・あと少しだけお金が足りない!という時にも利用しやすいですね。

他の大手消費者金融と比べて0.2%ですが、上限金利が低いのもポイント。
30日無利息サービスは持ち越しできるのも◎。

金利という点でも、内緒でキャッシングできるという点でも一押しです。

プロミスの詳細はコチラ

2.アイフル

アイフルは初心者にもわかりやすいスマホサイトが特徴。
最短30分で申込み時間によっては即日で借りることも可能です。
カードの受け取りは、郵送・宅配のほかに、無人契約機でも可能です。

  • 実質年率4.5%~18.0%
  • はじめて利用する人は契約日の翌日から30日間無利息
  • スマホサイトの受付係ルフィアがチャット形式で疑問に答えてくれる

アイフルのおすすめポイント

カードの発行があるので少し不安ですが、受け取り方法は選べるので、家族に知られる可能性の低い方法を選ぶといいですね。

はじめてのキャッシングだといろいろと気になると思うのですが、こちらのサイトはそんな疑問の答えをすぐに確認できる工夫があって、個人的に好きです。

アイフルの詳細はコチラ

3.アコム

消費者金融の中でも老舗の、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム。
楽天銀行の口座をすでにもっていれば、振込による借入が24時間最短1分でできます。

  • 実質年率3%~18.0%
  • はじめての利用なら30日間金利0円サービス
  • インターネットでの申しこみで契約当日から借入可能

アコムのおすすめポイント

カード受け取りは店頭窓口か自動契約機、自宅への郵送と選べるので家族に知られにくくていいですね。

下限金利が比較的ほかより低いので、おっ!と思いがちですが、限度ぎりぎりまで借りる人に適応される金利だと思っていてくださいね。

アコムの詳細はコチラ

4.SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビット。
大手銀行グループの安心感があります。
条件がありますが、カード、郵便物、本人確認の電話連絡なしというweb完結という申込み方法があります。

  • 実質年率3%~18.0%
  • 19時までの申込みで審査最短30分
  • オリコン顧客満足度1位

SMBCモビットのおすすめポイント

電話連絡、郵便物、カードすべてなし!のweb完結申込みを利用すれば家族に秘密でキャッシングを利用できます。

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座と、社会保険の健康保険証を持っていることが条件なのですが、あてはまる方が多そうですよね。

ただ無利息などのキャンペーンはないので、絶対家族に秘密にしたいかつ、必要な金額が少額で、本当にすぐ返すあてがある人におすすめします!

SMBCモビットの詳細はコチラ

カードローンでお金を借りるなら金利の確認を忘れずに

キャッシングを利用してお金を借りる際は、必ず金利が発生します。
借りたお金プラス利息が発生してしまうため、返済期間や返済額によっては利息が高くついてしまいます。

カードローン各社のWEBサイトで返済額のシミュレーションができるので、まずは借り入れる消費者金融などのサイトでシミュレーションしてみて、金額や返済プランを比較し把握しておきましょう。

-お金を借りるコラム

Copyright© お金借りる大全 , 2020 All Rights Reserved.