カードローンの年率 計算方法

お金を借りるコラム

年率の計算方法を詳しく解説!実質年率と年利の違いは?

「利息がどれくらいか知りたい・・・。」
そんな風に考えているあなたは、お金ときちんと向き合っていてえらい!と私は思います。

私がはじめてカードローンを利用したときは、金利のことまで考える余裕がありませんでした。
後になってずいぶんと余計に利息を払ってしまったなと気づきました。

今借りているお金やこれから借りようとしているお金に利息がどれくらいかかるのだろう?
気になったら自分で利息を計算してみましょう。

利息の計算は計算方法さえ知ってしまえば難しくないので、ぜひすぐにでもやってみてください!

実質年率は1年借りた場合の元金に対する利息の割合

カードローンでお金を借りれば、元金に利息をプラスして返済していく必要があります。
元金を1年間借りていた場合にかかる金利のことを年率、もしくは年利ともいいます。

どの会社も金利は年率で書かれていますが、実際の金利が元金の何パーセントになるかは返済期間に応じて変化します。

年率と実質年率の違いは?

カードローンの公式サイトに記載されている「実質年率」という単語ですが、これは年率(年利)とは少し違う意味合いがあります。
実質年率は年利に加えて、もろもろの諸費用なども全部含んで計算した実質的な年率のことをいいます。

年率から利息を計算する方法

お金を借りた際に支払うことになる利息は自分で簡単に計算できます。
今回は消費者金融カードローンのプロミスの実質年率をもとに計算してみましょう。

利息の計算式は以下の通りです。

金利の計算方法

利息=元金×実質年率÷365日×借りた日数

「元金×実質年率÷365日」で1日あたりの金利を計算し、ここに借りた日数をかければ借りた期間にかかる利息が計算できます。

実質年率はパーセント表記なので、計算するときは数字に直しましょう。
例えば18%は18÷100で0.18になります。

【例】プロミスで一ヶ月10万借りると・・・

年利の計算式

プロミスの実質年率は4.5%~17.8%ですので、今回は上限の17.8%で計算します。プロミスで10万円を借入れて、30日後に返済する場合の金利は以下の通りです。

10万円借入金額 × 0.178実質年率 ÷ 365日 × 30日借入日数 = 1,463円利息

10万円借りたとき、1か月後に一括で返済する場合は10万円と金利1,463円を合わせた、101,46円を支払いするということになります。

無利息サービスでお得に利用

ちなみにプロミスでは初めての利用だと「30日間金利ゼロサービス(※)」があるので、30日以内に返済すれば利息ゼロで借入できます。
※利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

金利を抑えたいなら、できるだけ返済期間は短く

カードローンではじめてお金を借りるとき、月々の返済最低金額が数千円で設定されていると、返済が楽だと勘違いしてしまう人が多いようです。

しかし、それは勘違い。

毎月の返済額が少ないほど返済期間が延びるため、実際には利息負担が大きくなってしまうからです。

お金を借りる際は、事前に必ず返済回数(期間)を自分で決めておくことをおすすめします。

そうでないと無駄な金利を支払うことになってしまいますからね。

Excelを使えば月々の返済額や金利を計算できる

Excel(エクセル)で利息を簡単計算!

表計算ソフトのExcelを使うと、月々の返済額とその元金・金利の内訳をバンっと計算することができます。
お金を借りてからの返済状況がとてもクリアにシミュレーションできるので、Excelをお持ちならこれから紹介する方法で試してみてください。

ちょっとややこしく感じるかもしれませんが、深く考えずにやってみてくださいね。

今回の計算に使うExcelの関数は2種類です。

  • 元金の計算→PPMT関数
  • 月々の金利の計算→IPMT関数

関数についての詳細の説明は省きますので、詳しく知りたい方はGoogleで検索してみてください。

キャッシング返済表の作成手順

実質年率18%で10万円を借りて1年で返済する場合でシミュレーションしてみます。

オレンジ→セル
→入力する文字列

  1. A1セルに「返済回数」、B1セルに「年率」、C1セルに「毎月の返済額」、D1セルに「元金分」、E1セルに「金利(利息)分」、F1セルに「借入残高」と入力
  2. A2セルからA14セルまで、縦に「0」~「12」の数値を入力
  3. B2セルに「18%」と入力
  4. B3セルに「=B2」という数式を入力
  5. F2セルに「100000」と入力
  6. D3セルに「=-PPMT(B3/12,A3,MAX(A:A),$F$2)」という数式を入力
  7. E3セルに「=-IPMT(B3/12,A3,MAX(A:A),$F$2)」という数式を入力
  8. C3セルに「=D3+E3」という数式を入力
  9. F3セルに「=F2-D3」という数式を入力
  10. B3セルからF3セルをまとめて選択し、B14からF14の行までドラッグしてオートフィル

完成!!
上記説明どおりに、青字部分をそのまま該当セルにコピペした作ったシートが下の画像です。

10万円を12回返済する場合のExcelでの金利計算

年率や借入額、返済期間が変わっても簡単に応用できるはずですので、気になる方は自分の場合におきかえてシミュレーションしてみましょう。

【おまけ】毎月の返済額から、返済回数を計算する方法

上記シートをちょっといじることで、毎月の返済額から何回の支払で返済できるかを逆算する方法もあります。
Excelの表を少し書き換えればOKなので簡単です。

試しに上記で出した月の返済額9,168円(12回払い)を15,000円に増額した場合、返済回数が何回になるかを計算してみましょう。

オレンジ→セル
→入力する文字列

  1. 先ほどつくった表C3セルを「=-PMT(18%/12,A14,100000)」に書き換えます。
  2. C3セルを選択した状態で、「ツール」(EX2007の場合は「データ」タブ-「what-If分析」)-「ゴールシーク」
  3. 次のように入力します。
    • 数式入力セル → C3
    • 目標値 → 15000(毎月の支払希望額)
    • 変化させるセル → A14
  4. OKで結果がA14に出てきます。何回払いかを確認したら、キャンセルをクリックすると元に戻ります。

キャッシング方法で年率が違う

クレジットカード、銀行カードローン、消費者金融

クレジットカード、銀行カードローン、消費者金融など様々なキャッシング方法がありますが、それぞれで借入金利(年率)が異なります。

クレジットカードは年率が高い

年利が一番高いのはクレジットカードです。
クレジットカードのキャッシング機能はそれがメインではないので、高めに設定されています。

だいたい実質年率15%~18%ほどです。
(ゴールドカード会員だと、下限金利が3%台まで下がるカードもあります)

銀行と消費者金融は同じくらい

一方、銀行と消費者金融の実質年率は同じくらいです。
だいたい年利3%~18%程度。

昔は銀行カードローンが安かった

以前は消費者金融のほうが高い年利のことが多かったのですが、銀行で借りる人が多くなり、多重債務者が増えたことで銀行が自主規制をはじめたり、貸金業法の整備があったりして、いまは同じくらいになりました。

金利負担を安く抑える方法

お金が必要でキャッシングをするわけですが、返済の負担もできるだけ少なくしたいところですよね。
金利負担を抑えるには次の3つのポイントが重要になります。

  • 上限金利の違いを比較して低いところを選ぶ
  • 30日金利0円などのキャンペーンがある消費者金融を利用する
  • 繰り上げ返済をどんどんしていく

詳しくは「カードローンの金利を基礎から徹底解説!計算方法や大手の利息を比較」を参考にしてください。

返済の延滞に要注意!

借金を延滞して苦しむ女性のイラスト

カードローンである程度まとまったお金を借りるとなると、毎月自動引き落としでの返済方法を選択する人が多いと思います。

自動引き落とし返済でありがちなのが、引き落とし口座の残高不足によって引き落としできないケース。
そうなると金利が余計にかかってしまうことになるため、注意が必要です。

単利と複利

金利のかけ方には単利と複利という2種類があります。
2つの違いは以下の通り。

単利:「元金」に金利がつく
複利:「元金+金利」に金利がつく

単利と複利では返済額に違いが出てきます。
例えば、10万円を年率18%で借りた場合で比較してみます。

単利のシミュレーション

1年間そのまま経過したときの支払う金額は、元金10万円と利息の18,000円で118,000円です。
2年目も利息は同じため、2年間借りたとしたら支払額は136,000円になります。

複利のシミュレーション

1年間は単利と同じ、元金10万円と利息18,000円で118,000円です。
2年目は「元金+金利」に金利がつくので、118,000円×0.18=21,240円が利息となって、支払額は139,240円となります。

単利と複利の差額は大きい!

例ではおおよそ3,000円も利子の差があります。
同じ条件で借りても、金利のかけ方の違いで支払う金額がこんなに変わってしまいます。

多くのキャッシング会社は単利です。
毎月返済していけば残っている元金が減っていくので、それに対して利息も減っていく形になります。

ただ返済が遅れてしまうと、スムーズに元金が減らないことになってしまうのです。

返済が遅れたら遅延損害金が発生!

キャッシングの通常の返済額の内訳は、

  • 元金
  • 「前回の支払後の残金×実質年率」の利息

です。

これがもし返済に遅れてしまうと、返済額の内訳が変わります。

  • 元金
  • 「前回の支払後の残金×実質年率」の利息
  • 遅延損害金

遅延すると、遅延なしで各キャッシング会社が定めている毎月最低支払う金額(最少返済額)で毎月返済している場合より、元金が減らないということになります。

つまり「通常よりも元金が減らない=次回の利息が本来よりも増える」ということです。

金利が増える以外のデメリットも

他にも、なんども延滞を繰り返すと信用情報機関にその情報が残るので、後々クレジットカードが作れなかったり、ご主人名義の住宅ローンでも配偶者の情報として審査に通らなかったりという悪影響も出たりします。

家族に秘密でキャッシングしている場合、遅延がきっかけで家族にバレる可能性も。
遅延にはくれぐれも注意しましょう!

年率を知れば返済計画が立てられる

実質年率というものを知れば、自分で計算して金利を知ることができます。
エクセルを使えば、さらに返済のシミュレーションも可能です。

キャッシング会社のサイトでもシミュレーションはできます。
借りる金額や期間など、これからのご自分に合ったプランを立てる参考にしてみてくださいね。

-お金を借りるコラム

Copyright© お金借りる大全 , 2020 All Rights Reserved.